「椿のある暮らしを」Vol.2

| コメント(0)

こんにちは。

桜島ミュージアムです。

 

先月から始まった、「椿のある暮らしを」の連載ブログ。

暮らしの中にそっと潤いを与えてくれる椿の魅力をお伝えしていきます。

 

第2回目は、NHK大河ドラマ「西郷どん!」でアツい、「鹿児島市維新ふるさと館」さんです。歴女でありながら館内にある〈維新ふるさとショップ〉のバイヤーも務める、森絵里子さんと原田裕実子さんのお二人にお話を伺いました。

維新館8.jpg

※以下桜島ミュージアム(ミ)、森さん(森)、原田さん(原)。

ミ)こんにちは!いつもお世話になっております。ついに「西郷どん!」始まりましたね!初回はご覧になりましたか?鹿児島で撮影した場所も多く放送されていましたが、今後も期待が膨らみますね。つい先日、1階フロアがリニューアルされましたが、「鹿児島市維新ふるさと館」についてお聞かせください。

 森)はい、ひとことでお伝えしますと「鹿児島の歴史が一目でわかる博物館」です。1階フロアが2018年1月11日にリニューアルオープンしたばかりで、薩摩独特の教育法「郷中教育」をテーマに最新鋭の映像技術を使った参加体験型のコーナーがあります。明治維新を支えた英雄たちの生活を、楽しく体感できます。また、館内で人気の「維新への道」は地下一階にあります。幕末から明治にかけての歴史の流れを、音や光、ロボットなど多彩な演出で解説するドラマです。このドラマを見るだけで、明治維新の流れが理解できるのでお勧めですよ。

 原)ほかにも、明治維新に関わる展示物もたくさんあります。明治維新の流れは近代日本の歴史。歴史を学ぼうと、鹿児島市内の多くの小学校が社会科見学で、宮崎県の小学校も修学旅行でお見えになります。今年はNHKの大河ドラマもあるので、多くの観光客の方のお越しをお待ちしております。

西郷グッズや西郷にまつわる本もたくさんあります。

維新館④.jpg 維新館⑥.jpgのサムネイル画像

維新館⑤.jpg 維新館11.jpg

ミュージアムキャラクターアワード2017で全国1位に選ばれた維新ふるさと館のキャラクター。

維新館9.jpg 

ミ)今年は一層多くの方で賑わいそうですね。わくわくします!

 さて、館内には「維新ふるさとショップ」というミュージアムショップがありますね。はじめはショップがなかったと思うのですが、、、。

 森)「維新ふるさとショップ」は来館者数300万人を記念して2014年7月にオープンしました。まだショップができて3年ほどしかたっていません。薩摩焼、大島紬、薩摩切子など、本当にいい商品をそろえた《鹿児島セレクトショップ》です。現在は300~400アイテムほどありますよ。

維新館10.jpg 

桜島の椿油もございます。館長が「桜島の椿はいい!」ということで導入しました。なんでも奥様がお使いになっていることや、以前特産品として椿事業の活性化を試みたことがあって、思い入れがあったからだそうです。濡れた髪に数滴つけ、ドライヤーで乾かすととってもしっとりまとまります。べたつかず、さらっとしていますね。

維新館⑦.jpgのサムネイル画像 

原)「維新ふるさとショップ」では、ご年配の女性から、サラリーマンの男性まで様々な方がご購入していきます。パッケージの可愛さと受付の方から椿油の使用方法を聞いて、ご自分用や、プレゼント用でまとめて購入される方も少なくありません。椿油は、私が小学校5年生くらいの時にブームがあったような気がして、おばあちゃんが搾った椿油を学校に持ってきて配ってくれる友達がいたのを思い出しました。(笑)

それだけ、身近に椿油を搾っていたということでしょうか。

 ミ)そうかもしれませんね。桜島だけではなく、鹿児島市内でも家や学校、集落の裏山にもよく生えていて、自家消費していたのでしょうね。ひょっとして、ほかにも鹿児島の歴史と椿に関わるエピソードって、何かご存知でしょうか?

 森)ありますよ。維新ふるさと館の特別顧問が担当している、MBCラジオ「賢治先生のふるさと歴史館」という番組内で話していました。「偉人の後ろに賢母あり」というテーマの中で、当時12歳の島津斉彬が川崎大師へ遊びに出かけたときの話です。斉彬は正室の長男だったので、薩摩藩主になるということが決まっていて、薩摩という大藩の御曹司が遊びに出掛けた際の母親へのお土産はどんなに立派で高価なものだろうと、周囲は考えたようです。ところが、斉彬が選んだものは「椿の花」だったそうです。高価なものではなく、心もこもった椿の花一輪を見た母親は、たいそう喜び歌も詠んだそうです。斉彬公の優しい人柄と、そのような心を育てた母親のすばらしさ、そして椿の花の美しさが際立つエピソードだと思います。

 ミ)いつの時代も椿の花を美しく感じることができるのは本当に素敵なことですね。日本で身近にあった椿のエピソードはもっとほかにもありそう、探してみます!本日は素敵なお話をありがとうございました。

 森・原)ありがとうございました!

維新ふるさと館②.jpg

 左)森絵里子さん、右)原田裕実子さん

 鹿児島市維新ふるさと館さんにて販売している商品は

〇雑貨100ml  

―――

次回は冬のイルミネーションが美しい、「ドルフィンポート薩摩工芸館&薩摩ギャラリー」へお邪魔します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「椿のある暮らしを」Vol.1

| コメント(0)

「椿のある暮らしを」記念すべき第1回目は、「D&DEPARTMENT KAGOSHIMA by MARUYA」。

店長 中村麻佑さんにインタビューしました。マルヤガーデンズオープン時からのお付き合いになるので、早7年。

実際に商品を愛用して、椿の良さを伝えてくださるお店です。

店内様子1.jpg 店内様子2.jpg

---------

ーこんにちは!いつもお世話になっております。今日はよろしくお願いします!
はじめに、D&DEPARTMENTさんについてお尋ねしますね。食器やキッチン道具、家具や食品まで幅広くディスプレイされていますが、どのようなお店ですか?

――私たちは「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体で、物販や飲食、出版や観光などを通して、47都道府県の持つ個性とその土地らしいデザインを見直し、全国に向けて紹介する活動を行っています。(※ロングライフデザインの10か条

取り扱っている商品は、D&DEPARTMENT全店共通で扱う「日本と世界のロングライフデザイン商品」と、各地で独自に発掘する「地域のロングライフデザイン商品」で構成されます。 D&DEPARTMENT KAGOSHIMAでも椿油をはじめとした、地域に根ざした商品を取り揃え、そこから鹿児島らしさを感じてもらえるよう意識しています。


―「鹿児島らしさを感じる商品」とは「鹿児島の地域性」と何か関係があるのですか?

――各地のD&DEPARTMENTで紹介しているその土地らしい商品に比べ、鹿児島生まれのものは「力強さ」があり、素材自体にたくましさを感じます。例えば桜島の椿も活火山桜島の降灰がある中でたくましく育つからこそ良質なオイルが採れる。奄美の泥染めも、各地の竹製品も、鹿児島の風土だからこそ生まれる力強さがあると思います。


―たしかに、南国と北国では商品の雰囲気が全然違いますね。地域性を感じる商品は、素材や暮らしが深く関わっていますね。

――そうですね。同じ竹製品でも南と北では竹の品種が違うため、素材に合わせた加工技術が必要になり、仕上がりの印象も違います。そのため鹿児島の竹製品は繊細な手仕事というより豪快さを感じます。その土地の素材を使い、素材に合わせた加工技術で作り上げるからこそ、息の長い道具として人々の暮らしを支えることができるのだと思います。


―では、桜島の椿はどんな人が探していますか?

――一番は髪のお手入れに取り入れる方が多いです。また、天然由来なので安心して使えることはもちろん、椿油はお肌に良いという情報をご存知の方も多いです。

友人や家族、特に「おばあちゃんの肌艶が良くて秘訣を聞いたら椿油だった」というお話を良く耳にします。リピーターさんが多いのも特徴で、プレゼントでもらい使ってみたらとても良かったと、贈り物を受け取った方が別の方への贈り物に椿油を選ぶという連鎖も起きています。
健やかでありたいという気持ちは男女問わずみなさん持っていて、特に女性は「きれい」に敏感だと思います。「楽をしたい」というより「ひと手間に自然の力を取り入れたい」という思いを強く感じ、みなさん色々な使い方で椿油を暮らしに取り入れていらっしゃいます。

ギフト3.jpg

―中村さんはどのような使い方をしていますか?

――最近は「ピュアプレミアム」を愛用しています。つけ心地が軽く肌馴染みが良いので、朝のお手入れに取り入れやすいです。売り場に立っていて乾燥を感じた時や、できるだけ身軽でいたい出張時に髪もお肌もお任せ!の椿油一本で出かけることもあります。濡れた髪の毛に馴染ませてから乾かすとまとまりが良かったり、化粧水前のブースター代わりになったり、乳液代わりになったりと、店頭でお客様からいただいたアイディアを自宅で実践しながら私好みの使い方で暮らしに取り入れています。
たくさんの魅力がつまっている椿油ですが「椿油だからとにかく良い」ではなくて、使う方との相性もあると考えています。店頭ではお客様からいただいたアイディアをご紹介しながら、色々と試し、自分にあった使い方を見つけていただけるようおすすめしています。


―今後どのように椿のある暮しを提案できると思いますか?

――私たちが店頭でご紹介している竹製品には、椿油で磨きの仕上げを行っているものがあります。人の手によって竹製品の艶が増すことはよく知られていますが、昔からの知恵として椿油が用いられていることに驚きました。人の肌に近い成分をもつという特徴の他にも、静電気が起きにくくほこりが付きにくいという利点があるそうです。
以前、椿油で揚げた天ぷらをご馳走になったのですが、さっくりと軽く胃もたれしない美味しさが忘れられません。今は髪やお肌のお手入れに良いということが注目されていますが、道具や食材としての椿油の魅力も掘り下げてご紹介していければと思います。将来的にはお客様と一緒に椿の収穫や搾油体験を通して椿油の魅力を学ぶ勉強会を開催したいです!

―中村さん、本日はありがとうございました!ぜひ、椿油の勉強会を一緒にお願いいたします!

中村さん01.jpg

店長の中村さん

ギフト1.jpg

店内のいたるところにギフトの詰め合わせとして飾っていただいています。

ギフト2.jpg

鹿児島の民芸品おっのこんぼと一緒に。

---------


D&DEPARTMENT KAGOSHIMA by MARUYA
さんにて販売している商品は
〇雑貨20ml  
〇雑貨100ml  
ピュアプレミアム  
桜島つばきハンドクリーム

―――


次回は来年2018年1月中旬に、NHK大河ドラマ「西郷どん」でアツい
鹿児島市ふるさと維新館」にお邪魔します。

「椿のある暮らしを」Vol.0

| コメント(0)

みなさん、こんにちは。

本日から、月1回「椿のある暮らし」をコンセプトに、「SAKURAJIMA TSUBAKI」シリーズを販売してくださっている店舗へ伺い、椿にまつわる"アレコレ"をインタビューする企画がはじまります。

おかげさまで、たくさんの店頭に置かせていただき、「SAKURAJIMA TSUBAKI」シリーズは、なんと8周年を迎えました。

mother-2.jpg 椿写真_東さん4.jpg

はじまりは、桜島ミュージアムのオフィスに届いた一升瓶。

「いつもお世話になっている御礼に」と、地元のおじいちゃんがプレゼントしてくださった椿油でした。

当時、私たちにとってあまりなじみのなかった椿油。

どんなものなのだろうと調べると、優れた品質、多様な使用方法、日本人との長く深い歴史など、椿油の持つ力にすぐに魅了されました。

 

「昔ながらの自然のオイルを、次の世代にも伝えていきたい」

私たちの商品開発が始まりました。

 

現在、熱を加えて搾る昔ながらの椿油(加熱圧搾法)のほか、非加熱で搾る新しい椿油(非加熱圧搾法・コールドプレス製法)もラインナップに加え、髪やお肌のお手入れ用の椿油はもちろん、食用椿油、椿油を使ったハンドクリーム、ネイルオイルなどを販売しています。

ネイル_ハンド_雑貨20.jpg 椿写真_東さん2.jpg

火山灰に負けず、美しい花を咲かせる桜島のヤブツバキ。その種は、生産者の手でひとつひとつ丁寧に収穫され、年間約5トンの椿油が生産されます。

私たちは、「SAKURAJIMA TSUBAKI」を多くの方にご愛用いただけるプロダクトにしたい。そして、椿が咲き誇る桜島の景色と暮らしを永く未来へ残していきたいと思っています。

03_3_天日干し.jpg

これから毎月、「SAKURAJIMA TSUBAKI」を販売していただいている店舗へ伺い、「椿のある暮らし」について尋ねていきます。

皆さんに、「椿のある暮らし」をより身近に感じていただけたらうれしいです。

みなさまこんにちは。

今回は、「&ROSY 12月号」に椿オイルとハンドクリームが掲載されました!

1712_01.jpg

1712_02.jpg

寒くなってきていよいよ冬到来!乾燥が気になる季節になってきました。

椿オイルの低温圧搾「ピュアプレミアム」とそのオイルを使ったハンドクリームはいかがですか?

特にピュアプレミアムは、その肌への浸透性の高さにびっくりするはずです!

もう他のオイルに戻れない!!(個人的感想です(;^_^A)

気になった方は、一度お試しください!下記のサイトより購入できますよ♪

桜島つばき油 ピュアプレミアム

桜島つばきハンドクリーム

「桜島つばきハンドクリーム」が雑誌「セラピスト」10月号に掲載されました!

これからの季節にはもってこいの、ハンドクリーム。

コールドプレス(低温圧搾)した椿油を使用しているため、浸透性が高く、肌になじみやすいのが特徴です!

つけた瞬間に桜島小みかんの爽快な香りをお楽しみください!

こちらのサイトからの購入も可能です!

scan-3.jpgのサムネイル画像

scan-4.jpg

オイル専門のフリーペーパー『OIL in LIFE』に桜島の食用椿油が紹介されました!

『オレイン酸の含有量が極めて高いのが特徴。血中の悪玉コレステロールを抑制し、生活習慣病の予防や胃や腸内環境の改善に効果が期待できる。』(一部抜粋)

と紹介されています♪

今年採れたツバキの種子からできた椿油が、11月くらいより販売されますよ~!

興味のある方は「桜島食用椿油」でチェックしてみてください。

170907_01.jpg

170907_02.jpg

170907_03.jpg

今回は、ネイルの専門雑誌「NAIL MAX(ネイルマックス) 」10月号に

「桜島つばきネイルオイル」1,800円(税抜き)をご紹介していただきました!

こちらのネイルオイルは、桜島ビジターセンターや、鹿児島市内のネイルショップなどで販売されています。

桜島オンラインショップでは、このネイルオイルのベースになっているオイル

桜島の椿油 ピュアプレミアム」も販売していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

170825_02.jpgのサムネイル画像   170825_01.jpgのサムネイル画像

7月31日に、『こどもに伝えたくなる火山のヒミツツアー』を開催しました!遠くは神奈川県からお申込みいただき参加していただきました!ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

火山博士の福島先生と一緒にバスで巡るこのツアー

はじめは、桜島ビジターセンター内の展示で桜島や火山について概要を学習しました。

桜島がいつごろできたのか、さらに100年前の大正噴火で降った火山灰の量が東京ドーム何個分になるのかなど、まだまだ知らないことがあるな〜と実感しました。

FullSizeRender.jpg FullSizeRender-2.jpg

その後は、フィールド観察です。

IMG_1554.JPG IMG_1559.JPG

実際に外に出て、先ほど学習したことの復習や実物を見ました!

溶岩なぎさ遊歩道を散策しながら、溶岩を観察したり、自然にできた松の林を観察したりしていると自然の力はすごいな〜と改めて感じました。

途中では本物を使って、実験!

軽石と溶岩を拾って、海に投げます。どちらも石だから、沈むかどうか??

IMG_1565.JPG IMG_1567.JPG

みんなで勢いよく投げ込んでみましたよ^^

さらに、午後はバスに乗車して桜島を一周。

福島先生が各ポイントで、いろいろな解説をしてくれました。

島内で一番高い展望所「湯之平展望台」から見る眺めは最高!

IMG_1569.JPG

上から見ると、噴火の年代の違いによって、松の木の色が違うことがよーく分かります。面白い!

さらに桜島には、噴火の歴史もありますが、同時に私たち人間が生活している歴史も残っています。

貝塚があったり、島津義弘公が蟄居(謹慎のようなこと)をした場所があったりするのです。

IMG_1577.JPG IMG_1579.JPG

桜島大根の畑がある白浜は「扇状地」といって、土石流が繰り返されてできた地形で、そこをうまく利用して野菜を育てています。

IMG_1585.JPG IMG_1598.JPG

さらに黒神では、椿畑がありました。これは火山に強い植物である椿を産業にしようと島民が植えたものだそう。この実から今では全国で3番目に多い椿油が生産されます。

火山は災害だけではなく、恵みもたくさんあるからこそ、この島で生活する人々がいることを実感しました。

いつも見ていたただの風景が、知ればしるほど、面白くなる!

面白くなると、人にも伝えたくなる!この循環を実感したツアーでした。

最後に参加した方々からも、「初めて知ることがあってとても楽しかった、ためになった」「面白かった」などの声をいただき、ツアーした甲斐がありました〜

ぜひ今回知った面白かったことを、身近な方々に伝えてくださいね〜^^

旅の手帖2017年8月号に「桜島つばきハンドクリーム」「ネイルオイル」

が掲載されました!

ハンドクリームは桜島こみかんの精油が入ったフレッシュな香りです!

肌のなじみもよく、年間通して使っていただきたい商品です!

興味のある方はこちらからでも購入可能ですよ~^^

ぜひお試しあれ♪

170721_01.jpg

170721_02.jpg

フリーペーパー リビングかごしま に溶岩ミニトレッキングを紹介していただきました!

桜島ビジターセンター周辺の遊歩道を30分間ガイドが案内するプログラムです!

予約不要で7/22~8/31まで毎日開催されていますよ!

夏休みの自由研究にもぴったりです!

詳しくは「溶岩ミニトレッキング」をご覧くださいね!

170720_02.jpg

170720_01.jpgのサムネイル画像

アーカイブ

みんなの桜島