この日もいつも通り、島のおかぁちゃんたちのお茶とお茶菓子で始まったこの会でしたが・・・

FullSizeRender (24).jpg

会中に 名称が、新しくなりました!

FullSizeRender (23).jpg

今まで『桜島の"観光"を考える会』でしたが、『桜島を考える会』へと変わりました。

もともと観光客の激減を島民たちでどうにか対策したいという事で始まりましたが、回数を重ねるごとに、

桜島全体のことをみんな考えていました。

だから、今更 "観光"と言わなくてもいいのではないかというのが、変更の理由です。

発起人の福島曰くこの場は、いままでも これからも、ゆるやかな「対話」と「挑戦」の場 であり続ける」

桜島の未来をみんなで考える会なのです。

IMG_2804.JPG FullSizeRender (25).jpg IMG_2808.JPG

 

今回の場でも、いくつかのプロジェクトが動き出しましたよ〜

イベントやモニターツアーなどなど、島でできる事、やりたい事が私たちにはいっぱいです。

わくわくする〜^^

IMG_2831.JPG

ホワイト桜島

| コメント(0)

今日は、とっても寒いと思いましたが、外に出てビックリ!

桜島もこんなに真っ白です!

今まで見た事無いくらい、裾野まで雪化粧しています。

南国育ちの私にしては堪え難い寒さですが・・・キレイな桜島を見られるのは嬉しいです^^

FullSizeRender.jpg

2月5日は朝からお天気が心配でしたが、地域を散策するときは小雨になって本当によかった!

17名の参加者で古里地域を2つのルートに分けて散策

先日1月29日(日)に桜島 火の島めぐみ館で、第17回 世界一桜島大根コンテストが行われました!

今年も手塩にかけて育てられた見事な桜島大根たちが肩を並べ・・・

作り手も観客も見守る中、審査が行われました。

大きく2部門で競われれます。

一つは総合部門。この部門では、桜島大根としての外観(形状・色沢)や打音による肉質の詰まり具合を重視して審査します。

もう一つは重量部門。この部門は、計量し最も重いものを審査します。

16387092_1581780925183612_3883814904725296305_n.jpgのサムネイル画像

それでは、結果をお伝えします!

【総合 優勝 大野 学さん 重量16.86kg / 胴回り102cm

     準優勝  大野 勤さん 重量16.22kg / 胴回り98cm

     第3位   脇 紀幸さん    重量18.68kg / 胴回り105cm

【重量】 優勝 林 義光さん 重量27.92kg / 胴回り115cm

       準優勝 大野 学さん    重量23.90kg / 胴回り117cm

       第3位  岩元 重喜さん 重量23.82kg / 胴回り123cm

他にも、学校や幼稚園・保育園のみなさんもコンテストに参戦!

【学校の部    優勝 桜洲小学校     重量19.04kg / 胴回り111cm

          準優勝 黒神小学校    重量18.46kg / 胴回り110cm

          第3位 東桜島小学校  重量15.08kg / 胴回り100cm

【幼・保の部】優勝 桜島保育園  重量17.90kg / 胴回り103cm

       準優勝 可愛幼稚園  重量11.68kg / 胴回り94cm

       第3位 さくら幼稚園 重量10.62kg / 胴回り92cm

幼稚園や保育園のみなさんは、自分達より大根が大きそうですね...(^^;

【胴回り賞】 枦元 俊一さん 重量23.66kg / 胴回り125cm

【かごしま親善大使賞】 東元 龍一さん  重量13.00kg / 胴回り94cm

入賞されたみなさま、おめでとうございます!!!

来年もまた大きな桜島大根を作ってほしいです。

来年こそは、ギネス認定記録を更新できるのか!? 乞うご期待です!

今年も桜島大根コンテストが、桜島の道の駅火の島めぐみ館で開催されました!

桜島の冬のグルメ!ずらりと並んだ桜島大根は圧巻^^

16388372_1581780551850316_4355902973596312999_n.jpg

このコンテストは、大きさや味の良さで知られる桜島大根を名実ともに世界一にするために、また、桜島大根の銘柄確立や付加価値の向上を目的に毎年開催されています。

部門は大きく分けて2つ、質を見る品評コンテストと、重量コンテストです。

毎年注目は、ギネス記録の重量を超えることはできるかどうか!

出品者も観客も固唾を飲んで見守る審査の結果は以下に!?

16387092_1581780925183612_3883814904725296305_n.jpg

審査の結果は、後ほど発表します^^

お楽しみに〜

東京都にある火山島 "三宅島" から桜島に、三宅島観光協会 会長をはじめ 役場職員やガイドのみなさまが、いらっしゃいました!

東京から南へ約180km  伊豆諸島のほぼ中央に位置する、桜島より一回り小さい周囲38km、直径8kmの島。現在も3000人弱が生活しています。

三宅島は明治に1回、昭和には3回、2000年(平成12年)にも噴火しました。2000年の噴火では全島避難という異例の事態となり、帰島まで4年半に及ぶ避難生活が続いたこともある島です。

FullSizeRender (22).jpg

共通点は火山島ですが・・・三宅島と桜島では、溶岩の様子や生えている植物、飛んでいる鳥も全く違うそう。

三宅島では"アカコッコ"というツグミの仲間が有名でバードアイランドと呼ばれていそう。

FullSizeRender_1.jpg

 

三宅島では見ない鳥が 桜島にいるので感激している方もいました^^

(シロハラやハクセキレイ、ミサゴ などなど・・・)

ほかに 海も、三宅島は外海で荒れる日も多いそうですが、錦江湾(内湾)の穏やかさにも違いを感じていらっしゃる様子でした。

 

三宅島の皆様をお迎えして、同じ火山でも違いがあるって面白いな〜と感じつつ、"違いを知る"ことの楽しみを感じました。

桜島を来訪いただいた 三宅島のみなさま、ありがとうございました。

 

 

*三宅島のことをもっと知りたい方は ↓コチラ↓

▼三宅島観光協会web

http://www.miyakejima.gr.jp/

▼三宅村役場web

http://www.miyakemura.com/kannkoubussanntei.html

1月23日は、新暦で西郷さんの誕生日だったそう!

IMG_1353.JPG

そして来年2018年は、"明治維新150年"さらにNHK大河ドラマも『西郷どん』に決定したこの記念すべき日に、 西郷さんが生前大好きだった温泉!しかも入った記録の残るゆかりの温泉地が集合して『献湯式』を行いました^^

IMG_1331.JPG

桜島の有村温泉も西郷さんが入っていたので、参加させていただきましたよ。

IMG_1345.JPG
雪も降りそうな寒い日なので、西郷さんも温まっていただけたかな〜と思います^^

桜島もゆかりの地の一つとして、ますます盛り上げていきたいところです!!

https://www.facebook.com/musashijoh/posts/1217866428326466

2017年1月14日(土)マルヤガーデンズにてジオカフェを開催しました!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました15977533_1562958803732491_7076447286683446923_n.jpg

お香は、鹿児島に縁のある 鑑真和尚が日本に伝えました。

お香で使われる香木やスパイスは、ほどんどが植物!それにお香を焚く際に使う" 雲母" は鉱物で、どれも「ジオ(大地・自然)」との関わりを感じながら、始まったワークショップ。。。

会場内は、終始 スパイス&ハーブ(ショウガ、ケイヒ、リュウノウ、クローブ、ガラムマサラなど...)の 香りが漂っていて、気持ちがスーッと落ち着くような心地よい空間で中で、今回は特別なお香を作りました。

 1つは、桜島小みかんを使った "文香"。
桜島の火山の恵み。。。桜島小みかん!
火山で出来た地形を利用して栽培される小みかんの皮を乾燥させて粉末にしたモノをつかいます。
このミカン、小さいサイズもさる事ながら、味と香りが特徴です。オレンジに近い甘くて爽やな香りは、万人が心地よく感じる香りなうえ、嗅ぐとハッピーな気分にもなるそう。
それと、龍脳や丁子をブレンドしたものを おりがみで作った折型の中に仕込んで完成!
洋服タンスに入れたり、お財布に入れたりして使えます

15977760_1562958843732487_5227130242839703940_n.jpg

 

 2つ目は、お料理用の スパイス" 薩摩ブレンド"

山奈、桂皮、丁子など数種類のスパイスを、自分の匙加減で調合します!すると、全員同じスパイスを入れたはずなのに、一人ひとり微妙に香りが違うのです!! 世界に1つだけの、自分に合ったスパイスの完成。お料理にプラスして使えます

今日作った香りは、時間が経つと少しずつ香りが変化するので長く楽しめるそう。コレは楽しみ!^^

 15977789_1562958833732488_2397256145673903639_n.jpg

スパイスやハーブをたくさん嗅いで体がポカポカしてきて、香りと体が深く関わっている事を実感!さらに、桜島小みかんの香りの良さを感じ、ジオ(大地)の恵みにも感謝できた会となりました。

15965869_1563022820392756_7738196002215030192_n.jpg

本日は「錦江湾奥インタープリター養成講座」を実施しました!
桜島や錦江湾地域で活躍されているガイドさんたちと一緒に海を学んできました!

16110301.JPG
本日は鹿児島大学名誉教授、大木先生の解説で錦江湾奥を学びます。

16110302.JPG
出港、たぎりを目指します。やや時化気味でしたが、最高の天気!


16110303.JPG
若尊(わかみこ)カルデラの上へ到着しました。閉鎖された湾内にも関わらず、水深は200m以上のところも。深海ですね。
魚群探知機があると海底地形もよくわかります。

そして...。

16110304.JPG
たぎり見えました!
海底から勢いよく気泡が上がってきていることがわかります!



いままさにこの下で火山が活動しているのですね。
私、初めてたぎりを見たのですが、すごかったです、感動!

16110305.JPG
ちなみに魚群探知機でみるとこんな感じ。
左半分は海底から約30mの様子。右側は海底から水面まで。泡だらけの様子がよくわかりますね!

16110306.JPG
このあとは安永諸島周辺を解説を聞きながら巡りました。
新島の貝化石層を見学。


16110307.JPG
下船後は意見交換会。


錦江湾奥とても楽しかったです!
たぎりを見たい!という方は、今回ご協力いただいた第八あけみ丸さんがツアーを行っています!
ぜひこちらもごご覧くださいね(^^)/

ジオパークへのクルージングツアー

イルカに遭遇

| コメント(0)

今日はイルカに遭遇!
桜島北西部、武避難港付近からすぐのところを十頭以上の群れが泳いでいきました。

IMG_8404.jpg
優雅ですね~。
鹿児島湾(錦江湾)ではミナミハンドウイルカとハセイルカが暮らしています。
沿岸部見られるのはミナミハンドウイルカだそう。国道10号線、220号線沿いや桜島では時々みられますよ~。
こちらはミナミハンドウイルカですね!(たぶん)

いつも見られるわけではありませんが、錦江湾沿いをドライブする際にはイルカもチェックしてみましょう。

アーカイブ

みんなの桜島