桜島(その他)の最近のブログ記事

今日は雨でした・・。

昨日の夕方は、すごーく焼けました!
どこを見ても絶景。

桜島には虹がかかり(写真撮りそびれました)、赤く燃える錦江湾にフェリーが行き来していました。

160708

たまにはこんな日もあるんですね!素晴らしい夕暮れでした。

お中元などの贈り物に食べる椿油はいかがですか?

160627_1
オリジナルデザインのギフトセット、販売が始まりました(^^)
詳細は桜島オンラインショップをご覧くださいませ!


http://sakurajimashop.com/?pid=101944676

梅雨のおともに

| コメント(0)

桜島ファイヤー。
IMG_8145.jpg

IMG_8136.jpg
本来は降灰用のビニル傘ですが、雨天時にももちろん使えます!
ビジターセンターで販売中(^^)
http://www.sakurajima.gr.jp/svc/

九州新幹線は27日に全線再開しました!

 

高速道路の通行止めは、地震直後は7路線599kmでしたが、今日(28日)は2路線40kmに!
明日(29日)には、九州自動車道の全ての区間が通行可能になるとか。
驚異的なスピードで交通網が回復していますね(^^)

 

明日からはゴールデンウィーク!
九州は行けないかも?と思っていたアナタ!
安心してください!新幹線も高速道路も使えますよ!

 

きっと九州の交通網が復活したことを知らない人が多いはず。
有名な観光地や、いつもは行列のできるお店が、並ばずに入れるかも?!
観光客が減って困っていたところは、お客さんが来たら大喜びで、スゴイおもてなしをしてくれるかも?!

 

今度のゴールデンウィークは、九州、鹿児島、桜島へ!!

2016年3月3日(木) 箱根湯本で行われた「第1回 火山♨観光サミット 2016 in 箱根」で発表した講演の要旨を引用します。

 

火山の観光地における風評被害と情報発信

福島大輔 (NPO法人桜島ミュージアム理事長)

 

火山の観光地における風評被害は、基本的にはマスコミがつくり出した不要な被害である。噴火現象や火山災害が起きた観光地について、事実にもとづいて観光しないと消費者が判断したのであれば、それは風評(うわさ)ではなく、事実をもとにした買い控え(観光しない)という消極的な消費行動の一つに過ぎない。しかし、マスコミがこの現象に風評被害というレッテルを貼ることで、お客さんが来ていない寂しい観光地という風評(イメージ・うわさ)が生み出される。あるいは、噴火現象や被災地の状況のみを発信する偏った報道によって、本来安全とされている近隣にまで危険なイメージ(風評)が広がることがある。これらはマスコミによってつくられた本物の風評被害である。


では、どうすれば風評被害をつくり出さずに済むのであろうか?まずはマスコミが安易に風評被害という言葉を使わないこと。風評被害の言葉は一人歩きして本当の風評被害を生み、長引かせる。また、噴火現象や被災地の状況ばかりを報道するのではなく、影響のない範囲はどこで、どういう状況なのかなど、影響の及ぶ距離、範囲、時間などを考慮したバランスの取れた情報発信を行うことが重要であろう。そのためには、行政や専門家の発信した情報を伝えるだけでは不十分であり、現場の状況把握や、科学的根拠に基づいた影響等について独自の解釈を加えて分かりやすく伝えることが重要である。


風評被害をつくり出しているのはマスコミだけではない。観光業者の努力不足もある。買い控え(観光地に行かないという判断)を防ぎたいのであれば、もっと積極的に情報発信をするべきだろう。しかし、ほとんどの観光業者は、行政やマスコミの出した情報をそのまま伝えているだけである。場合によっては「今まで大丈夫だったから」という根拠のない思い込みで情報発信している場合もある。観光業者がしっかりと火山を理解し、最新の観測データなどで活動状況を把握し、科学的根拠に基づいたバランスの取れた情報発信ができるようになれば、安全な観光地として信頼され、買い控え(観光地に行かないという判断)を少しでも減らせるはずだ。


観光地における火山情報の発信者として期待できるのは、マスコミと観光業者である。広く世間に伝える影響力を持ち、分かりかりやすく伝える技術があるマスコミ。自分たちの商売のために必死になれる観光業者。この両者が、火山活動の状況をしっかりと把握し、その影響を正しく発信することができれば、買い控え(観光地に行かないという判断)を減らし、安全に観光できる火山地域になれるだろう。今後は、マスコミや観光業者の中に、科学的根拠に基づいたバランスの取れた情報発信ができる人材を育成・配置し、それを有効に活用する仕組みをつくることが重要だろう。

 

DSC_6540.jpg

今日は「桜島の今後の観光を考える会」を実施しました!
桜島は観光地です。今回の噴火警戒レベル4への引き上げに伴う影響をかなり受けました。
しかし、私たちは「ピンチはチャンス!」と捉え、改めて火山での観光について考えました(^^)

●マイナスイメージはもう発信しない(「観光客が減った」など)

●桜島の魅力と活気を発信しよう!

●桜島の正しいイメージの普及
 ・いつも小さな噴火をしている
 ・大きな噴火があるかも知れない
 ・地下のマグマの状況が観測されている
 ・警戒すべき時はちゃんと対応できる

●火山を知り、火山を伝える

●対処療法(短期的な対応)と体質改善(長期的な対応)

などなど。

鹿児島にある全ての新聞社、テレビ局が取材に来て下さいました。私たちの前向きな取り組みが広まるとうれしいです(^^)

11056616_1143859952309047_6932362154377880978_o.jpg 11056616_1143859972309045_1170860843002536033_o.jpg 10945906_1143859945642381_6981979936293814407_o.jpg

150616_webshop.jpg

桜島オンラインショップ」をリニューアルオープンし、クレジットカード決済が可能となりました。

椿油はもちろん、「ジオの恵み」や溶岩グッズなど火の島の特産品をご購入いただけます。

150615_椿油.jpg
桜島の特産品といえば椿油。天然椿油でスキンケア・ヘアケアはいかがでしょうか?
食用もございます!

150615_灰茶.jpg
2015年3月より販売が始まったジオの恵みシリーズも。こちらは「灰茶(ハイティー)」。
桜島の火山灰をイメージした黒い(!)紅茶です。ミルクを入れればほら灰色に!

150615_ランプシェード.jpg
溶岩ランプシェード。火を灯せば温かな光が!

その他にも多数商品が並んでおりますので、ぜひご覧くださいませ。

今後とも「みんなの桜島」「桜島オンラインショップ」をよろしくお願いいたします。


150427.jpg

さまざまな「知りたい!」が詰まったブログ・ネタフルさんで、桜島や鹿児島の紹介をしていただきました!
桜島の観光をするけども、どこへ行こう? 実際、現在の桜島ってどんな感じなの?
そんな皆さんのご参考になるかと思いますので、ぜひご覧くださいませ~!
桜島ビジターセンター
鹿児島旅行全般

ゴールデンウィークが始まります。皆さんのご来島お待ちしております(^^)

桜島でIngress!

| コメント(0)

桜島観光を計画中のエージェントの皆さん!
島内にもポータルありますよ~!

150426_scanner.jpg

桜島港周辺、湯之平展望所など定番観光スポットでは、ぜひスキャナーを開いてみてくださいね!

150318.jpg
hommaniaさんに、ビジターセンターを紹介していただきました!
hommania 桜島ビジターセンター

女子目線、おしゃれです・・!

桜島の情報はもちろん、市街地の飲食店やかごりんのことなど、鹿児島の観光に役立つ情報がたくさん載っていますよ!

これから旅行をご計画の皆様、ぜひご覧くださいネ~!

hommania 鹿児島&桜島
hommania

アーカイブ

みんなの桜島

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち桜島(その他)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日誌・雑感です。

次のカテゴリは桜島(火山)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。